【ソングオブホラー】ネタバレストーリー解説!結末は?

ソングオブホラー攻略

 

どーも皆さん、こんにちワイト!
ゲーム大好きワイト(@gameannaijo)です

今回は、『ソングオブホラー』におけるストーリーを解説しています!

ネタバレ100%なので、自身でプレイしたい方は絶対見ないように!!

逆に「自分ではプレイしたくないけど内容知りたい」「やったけどよく分からなかった」って人は、ぜひ読んでいってください!

忙しい人は、目次から「1分で分かるソングオブホラーのストーリー」まで飛んで見てってね

また、一部ショッキングな画像もありますのでご注意下さい。

▶ソングオブホラー攻略まとめ

こんな疑問や悩みを解決できるよ!

どんなストーリー?
内容がよく分からなかった
どんな話だったっけ?

登場人物は、キャラクターセレクトによって若干変わります。

序曲

ソングオブホラー_ダニエルのアパート
ダニエルのアパート

出版社で働くダニエルがアパートへ帰ると、上司のエティエンヌから電話がかかってきた。

「作家のハッシャーと連絡がつかない。家に行って様子を見てきて欲しい」

ダニエルは渋々ハッシャーの屋敷へ向かう。

しかしハッシャーの屋敷には誰もおらず。奥さんや子どもの影もなく奇妙に思ったダニエルは、屋敷の中を探索する。

すると、家の中である手紙を見つける。手紙はアイザック・ファーバーという男から送られており、「奇妙なメロディーが鳴るオルゴールの調査」をお願いする内容だった。

ダニエルは屋敷の探索を続けると、1つだけ明らかに異質なドアを見つける。周りには纏っているかのように黒いカビが生えている、木製の古いドアだ。

ソングオブホラー_古いドア
古いドア

ドアを開け、一歩踏み出すや否やドアは独りでに閉まる。振り返るとドアはなくなっていた。

奥へ進むが出口はなく、必死に叫ぶが助けも来ず。やがてろうそくは燃え尽き、懐中電灯は切れ、ダニエルは暗闇の中に閉じこめられてしまった。

暗闇の中からは、絶望に泣き叫ぶ声奇妙なオルゴールが奏でる音楽が聞こえる…

 



エピソード1

ハッシャー邸

ソングオブホラー_ハッシャー邸
ハッシャー邸を訪れるエティエンヌ

〜3日後〜

上司のエティエンヌは、ダニエルとの連絡もつかなくなったことで自らハッシャーの屋敷へと赴く。

屋敷の中を探索していると、ドアの向こうから何かの気配が。そのドアからは徐々に黒いカビが繁殖していき、独りでに開こうとしている。

“何か”がドアを押し開けようとしているが、絶対に開けさせてはいけない。そう感じたエティエンヌは、すぐさまドアを押さえた。

ソングオブホラー_何か
ドアを押し開ける”何か”

必死にドアを押し返し、やがて向こう側にいる”何か”は消え去った…
(その後、ゲームを進める中で幾度も”何か”かがドアを押し開けようとしてくる)

屋敷の異常さを感じながらも探索を続けるエティエンヌは、子どもたちが残したメモを見つける。

「奇妙な古いドアを見つけた。ママに言っても信じてもらえない。怖いから鍵はドールハウスに隠す。」

エティエンヌは屋敷の謎を解き、メモに書いてあった鍵を手に入れた。そして奇妙な古いドアを鍵をで開き、奥へと進んでいく。

いくつもある小部屋を開けていくと、熱と脱水症状で倒れたダニエルを発見する。

ダニエルはエティエンヌによって救助され、病院に運ばれた。

エピソード2

アイザック・ファーバー

ソングオブホラー_悪夢
悪夢

命に別状はなかったダニエルだが、あの日からオルゴールの曲が頭から離れない。悪夢や幻覚も見る。

原因を突き止めるため、この音色を最初に聞いたであろうアイザック・ファーバーという人物に会いに行くことにする。ハッシャーにオルゴールと手紙を送った男だ。

ダニエルは、アイザック・ファーバーが経営している骨董店を訪れる。しかし店には誰もいない。

仕方なく店内やアイザック・ファーバーが暮らしている共同住宅を探索することに。

探索中、ハッシャーからアイザック・ファーバー宛に送られた3通の手紙を見つける。

「オルゴールは19世紀後半から20世紀初頭でつくられた物だ。そして当時はかなりの高級品だったはず。」

「私も家族もあのオルゴールを聞いてしまった。曲が頭から離れないんだ。悪いがオルゴールは送り返すよ。調査は続ける。」

「オルゴールの製作者はアルゴス・ルグランという人物だと分かったが、何十年も前に亡くなっている。とりあえず、オルゴールを前の持ち主に返せば問題は解決すると思う。オークションのリストがあれば前の持ち主が分かるだろう。」

そしてダニエルは、アイザック・ファーバーの家にたどり着く。

鍵がかかった彼の部屋を無理やりこじ開けると、そこには首を吊ったアイザック・ファーバーの姿が。

ソングオブホラー_変わり果てたアイザック・ファーバー
変わり果てたアイザック・ファーバー

変わり果てた彼のそばには、あの呪われたオルゴールがあった。

ダニエルには分かった。彼が呪いから逃れるために、忌々しい旋律から救われるために命を断ったのだと。

オルゴールの返却

ソングオブホラー_アリアドネ
アリアドネにオルゴールを返却

オルゴールを見つけオークションのリストも手に入れたダニエルは、元の持ち主である婦人へと会いに行く。

ダニエルは屋敷を訪れ、元の持ち主であるアリアドネ・ルグランにオルゴールを渡し、家に帰った。

これで一安心かと思ったが、その夜、再び恐ろしい幻覚を見てしまう。

「オルゴールを返しても意味はなかったのか?」

ダニエルは答えを求め、未だ消息不明のハッシャー再び探すことを決意する。

彼がどこへ向かい、何をしたのか、彼の大学の研究室に手がかりがあるかもしれない…

エピソード3

ハッシャーの大学

ソングオブホラー_ハッシャーの研究室
ハッシャーの研究室

ダニエルはハッシャーの教え子であるオマーグレースを訪れ、彼の研究室に案内してもらった。

どうやら彼女らもハッシャー教授の様子がおかしいのを感じていたらしい。

ハッシャーの机には、読み通りオルゴールについて言及しているメモがあった。

そのメモの形跡を辿り、アルゴス・ルグランに関する本2冊と、ある事件の記事を手に入れる。

記事にはアルゴス・ルグランが巻き込まれた事件について、次のように書かれていた。

「アルゴス・ルグランと妻と8歳の長女が、奇妙な状況下で死んでいた。一家は凶悪な強盗犯に殺されたと見られている。唯一の生存者アリアドネ・ルグランは、警察に保護された。」

また、アルゴス・ルグランに関する本には、ハッシャーのメモ書きで「呪われし音楽会、聖セシリア修道院」と記されていた。

ダニエルはハッシャーの足跡を追うため、聖セシリア修道院へと向かう。

ハッシャーの行動

ソングオブホラー_聖セシリア修道院
聖セシリア修道院の音楽会

〜前日〜

ハッシャーは、聖セシリア修道院を訪れていた。

この修道院では年に一度音楽会が開催されていたが、1912年に開催されて以来放棄されて廃墟と化している。その音楽会に出席した者全員が、謎の死または失踪を遂げていたためだ。

アルゴス・ルグランがその事件直後に修道院を訪れていたことから、ハッシャーはオルゴールと何か関係があると睨んでいた。

ハッシャーは修道院を探索し、神父のメモを見つける

鏡を見つめながらランプをつけて消す、という行為を繰り返すと、時々鏡に映るべきでないものが映る。この恐ろしい現象が頻繁に起きるほど、その者に残された時間が少ないということだ。」

ハッシャーは呪いによって自分の死期が迫っているのを感じていたため、どれだけの時間が残されているのか気になっていた。

そして、部屋で見つけた鑑台でメモの通りに儀式を行うが…

ソングオブホラー_ハッシャー
儀式を行うハッシャー

エピソード4

聖セシリア修道院

ソングオブホラー_4つの鍵穴のドア
4つの鍵穴のドア

ハッシャーを探すため、聖セシリア修道院に着いたダニエル。

修道院を探索する中で、4つの鍵穴があるドアを見つける。そのドアは、かつて大修道院長らが絶対に開けないように固く閉ざしたものであった。

この修道院では、ある年の音楽会で、なぜか歌を聞いたものが全員呪われるという出来事があったらしい。ある者は発作を起こし、ある者は苦痛に叫び、そしてある者は悪魔のような姿と化す…
運良くその歌を聞いていなかった修道院長らが、発狂してしまった彼ら全員を閉じこめた。その時に閉ざしたドアが、4つの鍵のドアである。

ダニエルは修道院に隠された4つの鍵を見つけ出し、その扉を開いた…

長く続く廊下には小部屋が並んでおり、1つ1つ入って中を確認する。そして1つの部屋で、鏡の前で死んでいるハッシャーを見つけてしまった。

ソングオブホラー_変わり果てたハッシャー
変わり果てたハッシャー

彼もファーバー同様、呪いから逃れるべく自ら命を断っていたのだ。

ダニエルは悔やみながらも小部屋を出ると、そこは廊下ではなく別の小部屋となっていた。テーブルの上にはアルゴス・ルグランの日記と書かれた1冊の本が。

その本を広い部屋を出たダニエルは、永遠に続くかのような廊下をさまようが、命からがら脱出に成功する。

エピソード5

「オルゴールを聞いた者は全員死ぬ」

ダニエルの頭の中には、自らの手で自分を殺す絶望の未来が思い浮かんでいた。

唯一の望みは不思議な小部屋で手に入れたアルゴス・ルグランの日記。しかしそこには、アルゴス・ルグランが辿った悲劇の結末が書かれていた。

アルゴス・ルグランの日記

もう耐えられない。

私は寝ている妻ナタリーの横で、あの曲の元を破壊しようと決意した。オルゴールがある地下室へ向かうと、そこには妻と娘のエイレンがいた。

では、私の横で寝ていたのは一体誰だ?

怪物どもめ、ナタリーたちに化けて娘のアリアドネを連れて行こうとしたんだな。

私はハンマーを持ち寝室へと向かった。そこで、おぞましい化け物を倒したんだ。

ソングオブホラー_アルゴスの日記
アルゴスによる殺害

それから、地下室へ戻った…が、そこには誰もいなかった。ナタリーとエイレンは消えていた。

…いや、違う。消えたんじゃない。最初からいなかったのだ。妻たちは、寝室にいたのだ…私が置いてきた場所に。

家の中には怪物などいなかったのだ。私以外には。

ソングオブホラー_アルゴスの日記
アルゴス・ルグランの最期

精神病院

アルゴス・ルグラン一家の事件の真相。それは、アルゴスが妻と長女を殺害し、その後自決したのだった。

再び絶望に苛まれるダニエルだったが、日記の最後にメモを見つける。

そこには、患者アリアドネの精神医学的分析を担当していた医師と精神病院の名前が書かれていた。

立ち上がるのがやっとなほど憔悴していたダニエルは、エティエンヌに電話をして精神病院へ向かわせた。

その精神病院では、ベレニス・プレストガード医師による患者アリアドネオルゴールの実験記録が数々残されていた。

ソングオブホラー_ベレニス
ベレニス医師の記録

記録いわく、やはりオルゴールを聞いた者は精神が崩壊するようだ。アリアドネを除いて。

ベレニス医師の推論では、アリアドネは赤子の頃からオルゴールの曲を聞かされていたため、どんなものにも順応できたのだという。あのメロディーも黒い人影も恐ろしい夢も、彼女にとっては日常なのだ。

そしてベレニス医師はアリアドネの聴取と呪いによる悪夢から、恐怖を終わらせる方法を見つけていた。

「夢に出てくる”あの場所”に、オルゴールを持っていけば良いのね...

ソングオブホラー_あの場所
あの場所

そこでベレニス医師の記録は終わっていた…

終曲

あの場所

エティエンヌから精神病院の記録について報告を受けたダニエルは、すぐさまアリアドネの屋敷へ向かった。

彼に残された時間は長くはなかったが、諦める気はない。

アリアドネからオルゴールの場所を聞き出し、上の階へと走る。

ようやく見つけたオルゴールを手に取り、ダニエルは鏡の前でランプを点滅させる。ハッシャーが行った儀式のように。

3度目にランプを付けると、そこは夢で見た“あの場所”になっていた。

ソングオブホラー_オルゴール
オルゴールを返すダニエル

大きな石の門をくぐり、暗い湖が広がる岬にオルゴールを置く。すると、湖から出てきた黒い影が、ダニエルへと襲いかかる。

何とか逃れようと必死に走り、何とか石の門を抜けた瞬間、いつの間にかアリアドネの屋敷へと戻ってきていた。

ダニエルは恐怖からの解放を確信し、歓喜する

「やった…ついに…終わった。終わったんだ!」

全てを終えたことを、1階にいるアリアドネに伝えに行く。

「もう大丈夫ですよ、ルグランさん…あの曲がこの世で流れることは二度とありません。」

ソングオブホラー_ダニエル
アリアドネに報告するダニエル

安堵と安心感により気が抜けたダニエルは、そのままソファで寝てしまった。

起きると、すでに夜。明かりをつけようとする彼に対し、アリアドネが言う。

「ダメ…”あれ”は明かりが嫌いだから…でも、あの曲は好き」

アリアドネは、2つ目のオルゴールを流し出す。そしてダニエルは、黒い影に飲み込まれていった…

ソングオブホラー_2つ目のオルゴール
2つ目のオルゴール

目覚め

やがてダニエルは、暗闇の中で目を覚ます。そこには一筋の光とエティエンヌの声が。

「エティエンヌ!助けてくれ!頼む!」

必死に叫びながら光が差し込む扉ドアを開けようとするダニエル。

しかし向こう側には、“何か”を恐れてドアを押し返すエティエンヌの姿があった…

ソングオブホラー_何か
“何か”の正体

 



1分で分かるソングオブホラーのストーリー

  • 作家ハッシャーが行方不明になったのでダニエルが屋敷を尋ねる
  • 屋敷のメモいわく「オルゴール」の曲を聞くとヤバいらしい
  • ダニエルは古いドアに入ったら閉じこめられた
  • 何とか助けてもらったけど「オルゴール」の音色が頭から離れない
  • なんか悪夢とか幻覚も見る
  • 調べるとハッシャーやハッシャーにオルゴールを送った友人も消息不明になってる
  • どうやら「オルゴール」の曲を聞いた人は全員死ぬ or 失踪するらしい
  • 「オルゴール」の製作者とか調べる
  • 「オルゴール」作った人の娘アリアドネに「オルゴール」返してみた
  • 状況改善せず
  • もっと色々調べた
  • ある場所に「オルゴール」を返せば解決する説浮上
  • アリアドネからオルゴール借りて、ある場所へ
  • オルゴール返して帰ってきた
  • 恐怖から逃れたバンザイ!
  • アリアドネに一応報告する
  • アリアドネが2つ目のオルゴール流し始めた。マジか。
  • ダニエル、黒い影に飲まれる
  • 目を覚ましたダニエルは光が差すドアを開けようとするが、向かい側にいる人に何故か押し返される
  • ダニエルは黒い影の化け物になっていたのだ
  • 終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました