【戦国無双5】「美濃襲撃」のミッション攻略とSランクのコツ|信長編第1章

戦国無双5攻略

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. 

どーも皆さん、こんにちワイト!
ゲーム大好きワイト(@gameannaijo)です

「戦国無双5」における信長編第1章「美濃襲撃」の攻略チャートを掲載しています

  • クリアできない
  • S評価が取れない
  • ミッションが達成できない

当記事ではこのような悩みを解決できます

攻略のコツを掴んで効率良くゲームを進めましょう!

▶戦国無双5攻略まとめ

「美濃襲撃」のマップと基本情報

シナリオ難易度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ミッション数9
勢力織田軍 VS 斎藤軍
勝利条件斎藤道三の撃破
敗北条件織田信長お市いずれかの敗走
主な敵兵科守備兵、弓兵
制限時間60分

「美濃襲撃」の攻略チャート

  1. 中央左にいる井上道勝を倒す
  2. 進軍してきた明智光秀を倒す
  3. 南東に出現する長井道利長槍隊長を倒す(サブ)
  4. 南西に出現する斎藤利三を倒す
  5. 進軍してきた稲葉一鉄安藤守就氏家ト全を倒す
  6. 中央から進軍する斎藤義龍を倒す(サブ)
  7. 北東の竹中半兵衛を倒す
  8. 中央北の不和光治陣太鼓兵を倒す
  9. 再度出現する明智光秀を倒す
  10. 敵本陣にいる斎藤道三を倒す

盾兵には閃技「兜割り」が有効

戦国無双5_兜割り

「美濃襲撃」では、木の大盾を持った敵兵が出現します

盾持ちなどの特殊な兵科は、有効な閃技を使って効率よく倒しましょう!

今回は、信長が使える「兜割り」が効果的です

ほかにも兵科や閃技は色んな種類があるので、メニューの「閃技装備画面」で確認してみましょう

斎藤義龍は優先して倒す

戦国無双5_斎藤義龍

途中で中央から進軍してくる敵将「斎藤義龍」は、サブミッションの撃破対象です

斎藤義龍のミッションは「織田本陣に侵入させない」が達成条件であるため、進軍してくる前に倒す必要があります

合戦中の会話で竹中半兵衛が襲撃の合図を出しますので、そのタイミングで中央に向かって斎藤義龍を最優先で倒しましょう!

▶次の攻略チャートへ

「美濃襲撃」のミッション一覧

メインミッション

ミッション達成条件
足がかりを得る中央砦制圧のため、
井上道勝を撃破
うつけと石頭明智光秀を撃破
マムシの罠織田本陣守備のため、
斎藤利三を撃破
我ら美濃三人衆稲葉一鉄安藤守就
氏家ト全を撃破
若き軍師竹中半兵衛を撃破
戦場に響く音不和光治陣太鼓兵を撃破
再び試合う明智光秀を撃破

サブミッション

ミッション達成条件
信行の奮闘長井道利長槍隊長を撃破
義龍、便乗斎藤義龍の織田本陣侵入を阻止



「美濃襲撃」のS評価(参考)とコツ

実際にS評価が出た値を掲載しています。基準ラインではないので、ご了承ください。

クリア時間8:59
武将撃破数12
敵撃破数629
最大コンボ数1419

中央北で敵撃破数を稼ぐ

戦国無双5_中央北のザコ敵

敵撃破数が足りない場合は、中央北あたりにいる敵を一掃するのがオススメです

不和光治陣太鼓兵がいるあたり

神速で敵を集めてから□→□→□→△のチャージ攻撃で効率良く雑魚兵を処理できます

「美濃襲撃」の武将一覧

味方武将:織田軍

欄武将備考
織田信長総大将
お市
織田信行
柴田勝家
前田利家
徳川家康
服部半蔵
本多忠勝
丹羽長秀
佐久間信盛
佐久間盛重
池田恒興
河尻秀隆

敵武将:斎藤軍

メイン:メインミッションの撃破対象
サブ:サブミッションの撃破対象

斎藤道三総大将
竹中半兵衛メイン
斎藤利三途中参戦・メイン
明智光秀メイン
斎藤義龍サブ
安藤守就メイン
稲葉一鉄メイン
氏家ト全メイン
不和光治メイン
井上道勝メイン
長井道利途中参戦・サブ
長槍隊長途中参戦・サブ

▶次の攻略チャートへ

無双演武の攻略記事一覧

信長編

第1章「夜明け前」

今川急襲美濃襲撃稲葉山動乱
村木砦の戦い長良川の戦い

第2章「誓い」

稲生の戦い桶狭間の戦い稲葉山城の戦い

第3章「天翔ける」

北近江の戦い観音寺城の戦い六条合戦

第4章「流転」

金ヶ崎の戦い姉川の戦い比叡山焼き討ち
槇島城の戦い刀根坂の戦い小谷城の戦い

光秀編

第1章「萌芽」

美濃防衛戦稲葉山動乱長良川の戦い
明智城の戦い

第2章「求道」

越前防衛戦月山富田城の戦い

戦国無双5攻略
ワイトをフォローする
ワイト

こんにちワイト!!
現役ゲーム攻略ライターです
コンシューマーゲームが大好き!
皆さんがより楽しいゲームライフを送るためのブログを目指しています

ゲームは心のよりどころ。

ワイトをフォローする
ワイトのゲーム案内所

コメント

タイトルとURLをコピーしました